7月15日(水)~8月4日(火)のワールド・アンティーク・ブック・プラザは−シーボルトに編まれた日本−「日本」特集を開催しております

7月15日(水)~8月4日(火)のワールド・アンティーク・ブック・プラザは−シーボルトに編まれた日本−「日本」特集を開催しております。

文政六年(1823)オランダ人医師として鎖国日本へ入国し、対外貿易窓であった長崎出島のオランダ商館医として6年余の滞在期間に、膨大な資料や文献を収集し、広範囲に渡って日本を観察研究したドイツ人博物学者のシーボルト。国禁に触れ追放の憂目にあい、1830年オランダ帰着後に編纂・出版された『Nippon』は、日本人側の当時第一級の蘭学者の資料協力と、オランダ政府、ライデン大学の最先端の西洋科学的研究の結びついた初の学術的な集大成となりました。今回はシーボルトを中心に前後の日本研究書や日本を描いたエキゾチックな図版や古地図を特集します。
 
>>ワールド・アンティーク・ブック・プラザの特集はこちらから