複製版 ウィリアム・ブレイク画「トマス・グレイ詩集」
Poems of Thomas Gray. With watercolour illustrations by William Blake.

価格:149,688円(税込)

在庫:お問い合わせ

発行年月:2013/04

出版社名:The Folio Society

出版国/出版地:United Kingdom (イギリス) /London

言語:English (英語)

媒体:書籍(ファクシミリ版)

判型/サイズ:43 x 33 cm

頁数:120 p.

内容

幻視的芸術家による注目すべき作品 – 1,000部限定ファクシミリ版

英国のあらゆるロマン派芸術家の中でも恐らく最も優れた、そして間違いなく最も独特な芸術家ウィリアム·ブレイクは、他の作家たちのために約1,200点の版画を制作し、また自らの詩のために375ページのステロ版(鉛版)の版画を制作した。そして、トマス・グレイの詩のために創造した116点の本書の水彩画は、彼の最高傑作のひとつと言われている。このThe Folio Societyによる新たなファクシミリ版は、彼の才能の幅広さと美しさを完全に包含したものである。
 本書の変化に富んだ様式と大胆な想像力を兼ね備えたウィリアム・ブレイクの水彩画は、彼の友人であった新古典主義の彫刻家John Flaxman (1755-1826)が妻Annへの贈り物のために、1797年頃に彼に委託したものであった。Flaxmanの死後、水彩画はクリスティーズで競売にて売られ、富豪William Beckfordによって所持された後に、他の蔵書と共に第10代ハミルトン公爵の妻であった娘に残された。1882年にサザビーズで売却された時に本書の水彩画は欠落していたが、1919年、スコットランドのハミルトン宮殿の解体の際に発見されたことが、学者であり文学評論化であったHerbert Grierson教授によって報告された。
 それらブレイクの水彩画は、1796年のエドワード・ヤングの『夜想』のために用いたものと同じ芸術的方法と図像的・様式的特徴を持っており、多様な雰囲気と色彩や、詩への洗練された演出において際立っている。ユーモアと遊び心を持った作品、劇的で恐ろしいイメージを持った作品から、繊細で静謐な作品まで、叙事詩、風刺詩、オード、そして有名な『田舎の墓地で詠んだ挽歌』などグレイの詩自体の多様性を映し出している。彼はテキストを挿絵への制限的・閉塞的なものとして見ておらず、例えば『愛猫を弔ううた』のタイトルページにおけるテキストの上方で獲物を狙って身をかがめている愛猫セリマの絵に見られるように、彼のデザインにさらなる次元を加えサポートするものとして考えていた。また、彼にとっての挿絵は単なる視覚的随伴物というよりも、それらを通してアイデアが衝突し、融合し、変換し発展する解釈のプロセスであった。

特記事項

その他書誌事項:Quarter leather binding with cloth sides.
Printed and blocked with a design from ‘Ode to Music’, redrawn by David Eccles.
Endpapers of Curious Metallics gold leaf and Marcate Nettuno Carruba.
Printed on Modigliani Insize Candido paper.

タグ:, ,

シリーズ: