WABP学びの会「解剖学書『ファブリカ』と『エピトメー』をよむ」

日 時:2015年7月1日(水)
18:00~お話開始 (17:30~受付開始)

会 場:ワールド・アンティーク・ブック・プラザ

参加費:参加無料

講 師:坂井 建雄 先生 (さかい・たつお)

主 催:雄松堂書店 古書事業部

6/24~7/14 丸善日本橋店3階 ワールド・アンティーク・ブック・プラザで開催します「人体」特集「ヴェサリウスと図版の力」にあわせ、ヴェサリウス「ファブリカ」&「エピトメー」復刻版(100セット限定 雄松堂書店 2015)に解題を頂戴しました坂井先生にプラザでお話をいただくことになりました。
十六世紀ルネサンス、医学や美術の歴史にご関心のある方、ぜひお気軽にご参加ください。

坂井 建雄 先生 (さかい・たつお)

東京大学医学部卒業、同解剖学教室助手、同医学部助教授を経て、現在、順天堂大学医学部教授。専門は、解剖学、医学・解剖学史。 『図説 人体イメージの変遷-西洋と日本』(岩波書店2014)、『日本医学教育史』(東北大学出版会2012)、『ガレノス解剖学論集』(共訳、京都大学学術出版会2011)、『人体観の歴史』(岩波書店2008)、『プロメテウス解剖学アトラス』(監訳、医学書院2007)等著作多数。

このイベントはすでに終了しています