WABP学びの会「19世紀前半のフランスとイギリスの服飾」

日 時:2015年10月15日(木)
18:00~お話開始(17:30~受付開始)

会 場:ワールド・アンティーク・ブック・プラザ

参加費:参加無料

講 師:能澤慧子 先生(東京家政大学家政学部服飾美術学科教授)

主 催:雄松堂書店 古書事業部

10/7(水)~10/27(火)丸善日本橋店3階ワールド・アンティーク・ブック・プラザで開催します。
 
「服飾」特集「パリのモードとロンドンの優美」にあわせ、東京家政大学家政学部服飾美術学科教授
能澤慧子先生にプラザでお話いただくことになりました。
19世紀当時に制作されたファッション・プレートや服飾図版書を実際に見ながらのギャラリー・トークです。
ファッションや服飾史にご関心のある方、ぜひお気軽にご参加ください。

能澤慧子 先生

服飾史全般、特に19・20世紀、ヨーロッパ服飾文化史を専門とし、社会史、女性史、文化史、美術史等の多方面から服飾文化を研究。 著書に「世界服飾史のすべてがわかる本」(ナツメ社2012)、「早引きファッション・アパレル用語辞典」(ナツメ社2013)など。

report

このイベントはすでに終了しています